仮想通貨は安全?セキュリティはどうなっているの?

仮想通貨の安全性について

すでに馴染みのある言葉となった雰囲気のある仮想通貨。取引価格の変動ぶりがニュースとして取り上げられる一方で、資産運用の方法として考える時、気になるのがセキュリティ部分です。 日本では仮想通貨について、2016年5月に仮想通貨法案が可決されました。これは、仮想通貨の位置づけを決済手段としてクレジットカードやポイントカードと同じようなものとするという法案です。

資産を守るために必要なもの

特定の発行者が存在しない仮想通貨はその情報が全てです。取引にも金融機関による仲介が存在しないため、保持する仮想通貨を守るためにはしっかりとした管理意識が必要となります。 しかし、ハードウェアウォレットを導入する、あるいは公式に提供されているデスクトップウォレットを使用するなど、基本的な部分を押さえておけば、それだけでかなりセキュリティを高める事が出来ます。 ウェブ上で行われるあらゆる取引でよく見られるトラブルは、メールアドレスやパスワードを使いまわしていたり、パスワードを簡単で誰にでも見当をつけられるようなものにしていたりなど、古典的でありがちなものが原因となっている場合が多いのです。また、仮想通貨取引所によっては条件により、補償サービスを行っているところもあります。