うりぼー

フォローしたら必ず小金持ちに/経歴:中高主席(学費600万免除)→国立大(奨学金)⇒一部上場企業経営管理部および新規事業企画部⇒Webメディア売却⇒Webマーケ領域で独立/『米国株道場』運営/日本の夜明けを見に行こう https://linktr.ee/uribou_blog

2022/3/7

【コスパ最強】中古ドメインを探して、格安で買う方法とは

中古ドメインを探したい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの買い方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 【コスパ最強】中古ドメインを探して、格安で買う方法とは 中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインを探して、格安で買う方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに見つけることができ、サイト運営に役立ちますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法 中古ドメインの探し方はこれです<おすすめショップを大公開> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン工房 中古ドメイン販売屋さん ちなみに、中古ドメイン工房は中古ドメイン工房が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン工房で買っていただいた企業様に、中古ドメイン工房からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン工房をごひいきくださいませ。 そもそも中古ドメインの効果はあるのか?検証してみた 結論として、中古ドメインには高いSEO効果があります。 こちらについて、詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインの効果はあるのか検証してみた 中古ドメインの手動ペナルティの調べ方とは 手動ペナルティとは、Googleスタッフが目視で確認し、判定して与えるペナルティのことを呼びます。悪質なスパム行為を行っているサイトが対象で、一度受けてしまうと、なかなか解除が難しいのが実際のところです。 中古ドメインも例外ではなく、前の使用者がスパムをしたせいでい、手動ペナルティを受けている場合があります。このとき、ドメインを取得する前に調査することは不可能です。取得したあとで、Google Search Consoleに登録することでペナルティの有無を調査できます。 中古ドメインを購入した後に何をすべきなのか 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   中古ドメインの『当たり』の見分け方とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン工房はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン工房をご活用ください。 中古ドメインの選び方とは 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 目視チェックは外せません かつては私も、スコアが優秀な中古ドメインを買ったら手動ペナルティの「悪質なスパム」を受けていた経験があります。プロの我々でも油断して調査項目をゆるめると、ひどいドメインを引いてしまいます。ましてや、初心者の方にとっては、中古ドメインを自分で仕入れるのは不可能なのです。私達のようなプロにまるごとお任せください。 中古ドメイン工房のご利用を検討ください 今回は「中古ドメインを探して、格安で買う方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 当店は、品質にこだわった中古ドメインを取り扱っています。 ラインナップする前に、商品はすべて手動ペナルティの確認を行っています。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 中古ドメイン工房の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容    

2022/3/7

【業界の裏側】日本最強の中古ドメイン販売業者を紹介します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。おすすめの中古ドメイン販売業者を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 【業界の裏側】日本最強の中古ドメイン販売業者を紹介します 中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「おすすめの中古ドメイン販売業者」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法 そもそも中古ドメインとは何なのか<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。   ドメインとは: インターネット上の住所のこと   つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】   2021年にアフィリエイトをやるなら中古ドメイン1択です ちなみに、アフィリエイトを始めたいなら「中古ドメインを使わないのはありえない」です。この情報はあまり知られていませんが、今のSEOの状況は中古ドメインにはものすごく有利なのです。新規ドメインでは到底実現できないスピードで上位表示できますし、コアアップデートでも、被リンクが多い分だけ中古ドメインは盤石なのです。   アフィリエイトをするなら、絶対に中古ドメインで始めましょう。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由 中古ドメインの購入方法の種類 中古ドメインの購入方法の種類は下記のとおりです。   ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン工房のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事)   結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。   そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。   中古ドメインの探し方とは<販売業者をまとめました> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。   アクセス中古ドメイン 中古ドメイン工房 中古ドメイン販売屋さん   順に解説します。   アクセス中古ドメイン 高級で品質の高いドメインをたくさん扱う業者です。圧倒的に予算をかけてでも、最高のドメインを取得したい方におすすめです。ただし、個人や予算が少なめの会社様向きではありません。コスパはやや悪いと言わざるを得ません。 中古ドメイン工房 日本最強水準のコスパを誇る業者です。とにかくお手軽価格でいいドメインが欲しい場合はおすすめです。 ちなみに、中古ドメイン工房は中古ドメイン工房が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン工房で買っていただいた企業様に、中古ドメイン工房からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン工房をごひいきくださいませ。 中古ドメイン販売屋さん 昔からある業者です。ドメイン数は多いものの、ドメイン名が隠されていたり、初心者向けとは言い難いです。また、ドメインの評価基準があいまいで、不安要素がある方もいるかもしれません。サテライトサイト向けに大量のドメインを仕入れたい場合にはおすすめかもしれません。 中古ドメインの「当たり」とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。   ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン工房はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン工房をご活用ください。   中古ドメインの見分け方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性     ちなみに、中古ドメイン工房は中古ドメイン工房が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン工房で買っていただいた企業様に、中古ドメイン工房からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン工房をごひいきくださいませ。   中古ドメインの価格は何で決まるのか【値段の基準】 結論として、下記のとおりです。 ・ドメインのSEO的な強さ ・運営歴の長さ ・稼げるジャンル(金融・美容など)のドメインかどうか ・ドメインの名前が「短くて意味が通るもの」か   これら4つが全て揃ったドメインは中古車ぐらいの価格まで高騰します。とはいえ、そこまでのものは必要ありません。最低でもドメインのSEO的な強さ、運営歴の長さを重視しましょう。そのうえで、特定ジャンルで突きぬけたい場合は稼げるジャンルのドメインかどうかを気にする形です。 ドメインの名前を気にするのは、見栄えの意味合いも強く、あまり狙うのはおすすめしません。   中古ドメインを購入した後にすべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します まとめ 今回は「おすすめの中古ドメイン販売業者」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 中古ドメイン工房の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。

2022/3/7

【これで安心】中古ドメインの検索方法を完全解説します【即購入OK】

中古ドメインを買いたい人「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどうやって探せば良いんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの検索方法を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 【これで安心】中古ドメインの検索方法を完全解説します【即購入OK】 中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの検索方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法 そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。 ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。   ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインの検索方法を完全解説します<探し方/ツール > 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン工房 お名前ドットコム ちなみに、中古ドメイン工房は中古ドメイン工房が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン工房で買っていただいた企業様に、中古ドメイン工房からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン工房をごひいきくださいませ。 中古ドメインのメリット・デメリットとは何なのか 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   中古ドメインの使い方を解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じでOKです。 取得したらサーバーに登録して、サイトを作っていきましょう。 中古ドメインだからといって、難しいことは何もありません。 中古ドメインのペナルティを確認する方法とは 結論として、Googleサーチコンソールに調べたいドメインを登録して、調べましょう。 この作業をやるべき理由は、手動ペナルティを受けたドメインでサイトを作ってもindexされなかったり、サテライトサイトならリンクを送る価値がほぼゼロになる場合があるからです。 一般的にウェブサイトをサーチコンソールに登録するというイメージが広まっていますが、実際はドメイン単体でサーチコンソールへの登録が可能となっていますでは、バリュードメインを例にドメイン単体でのサーチコンソール登録方法を紹介します。 中古ドメインの登録にはGoogleアカウントが必要 サーチコンソールはGoogleのサービスですから、Googleアカウントを用意してください。Googleアカウントさえ作成してしまえば、サーチコンソールの利用は可能になります。 登録に関する注意 ドメインの登録時に注意したいのはサテライトサイトを数多く作る方などはひとつのGoogleアカウントで多くのドメインを登録してしまうと、オーナーが全員同じで自演リンクと疑われる可能性があるということです。 多くのサイトをサーチコンソールに登録してはいけないわけではないので大丈夫かもしれませんが、100%安全だとは言いきれません。ですから、いくつかに分散させることを推奨します。 2.簡単に中古ドメインをチェックする手順 では、ドメインとGoogleアカウントだけで手動ペナルティの確認の手順を紹介します。 サーチコンソールの「プロパティを追加」をクリックして、調べたいドメイン名を入力します。 基本的にルートドメインの形式で入力して構いません。 認証方法で「別の方法」タブを選択し、「ドメイン名プロバイダ」のラジオボタンを選択、レジストラを選択(今回はその他)、生成されたTXTレコードをメモしておいてください。 ここからはValue-domainでの作業 バリュードメインのコントロールパネルに移動して、ペナルティを確認したいドメイン名の「DNS/URL」ボタンを押下してください。 サーチコンソールでコピーしたものを書き換えて入力します。書き換えるといってもIPの箇所くらいです。この部分は人によって異なると思いますので、分からない方は調べてみてください。   Valueに書き方の説明があります DNS設定方法(書き方)はバリュードメインのDNS設定画面の下部にも説明があります。 他にも項目がいくつかありますが、ほぼデフォルトのままで問題ないと考えられます。 最後に「保存」をクリックして、後は20分ほど待ちましょう。 後は設定が反映されたら、所有権が確認されるので手動ペナルティがあるか見に行くだけですが、作業らしい作業はこれで完了です。 慣れれば2~3分くらいのことですね。 3.中古ドメインの手動ペナルティを確認しよう   新サーチコンソールの画面から、「セキュリティと手動による対策」の「手動による対策」のメニューを見るだけです。手動ペナルティに該当しなければ、「問題は検出されませんでした」と表示されます。 4.手動ペナルティの中古ドメインに当たったら 当店のような販売サイトだとペナルティのないものだけ販売しているケースも見られますが、もし購入元が心配なところだった場合、チェックすることを強くオススメします。 解除するのは手間です 手動ペナルティにあたると新サーチコンソールの画面に、「〇件の問題を検出しました」とエラーが表示されます。 確認した結果、手動ペナルティにあたってしまったら、その中古ドメインの価格にもよりますが、正直言って、可能なら返品・捨てる・売却がベストかもしれません。 解除に持っていくのは簡単な作業ではありません。   手動ペナルティの範囲 手動ペナルティには適用範囲があり、それにより修正の手間や解除に至る可能性も異なります。 サイト全体の一致: 手動によるペナルティがサイト全体に適用されていることを表しています。 部分一致: サイト全体ではなく、一部該当箇所やページにだけ適用されている場合この表示がでます。 代表的なステータス 問題の内容や規模によって範囲と同様にステータスも異なります。以下が、ステータスの主な例になります。 ・ハッキングされたサイト ・サイトへの不自然なリンク ・サイトからの不自然なリンク ・悪質なスパム ・スパム行為のある無料ホスト ・クローキング、不正なリダイレクト ・隠しテキスト、キーワードの乱用 ・スパム行為のある構造化マークアップ ・価値のない質の低いコンテンツ ・ユーザー生成スパム (引用元:一般的な手動による対策の一覧) 5.ペナルティドメインをどう扱うべきか 取得したドメインがペナルティであった場合、悩ましいのはドメインの扱いです。購入した金額によってはあきらめきれないこともあるでしょうし、解除することができればまだまだ利用価値があるドメインの可能性もあります。   放置しておく あまりオススメできる対処法ではありませんが、ペナルティドメインをある程度の期間なにもせずに放置しておくと自然に解除されていることがあります。放置しておく期間も定かではないですし、確実に自然解除される保証もありませんが、多くのペナルティドメインを抱えている場合は仕方ないこともあります。こまめに解除されていないかチェックをする必要はありますが、ひとつの手段としては持っておいてもいいかもしれません。   転売してしまう 目利きを行った上で、ペナルティドメインであったのなら見た目上は悪く見えないドメインであったのかもしれません。数値やスコアもそれなりにあり、いろいろ分析したうえで問題がなさそうなドメインでもペナルティを持っている場合は多々ありますが、逆に考えればうまく偽装して誰かが手放したドメインとも見ることができます。真っ当な手段とは言えませんが、思い切って転売、出品してしまうことで資金の回収ができるかもしれません。   解除する 解除する方向に持っていくことが真っ当な考え方ではありますが、手間がかかる作業ではあります。 また、ペナルティドメインを使用してまず申請を出してから運用を開始することはリスクも少なからずあります。 そのようなことを踏まえた上で解除してまで使用していくドメインであるかを考えたほうがいいでしょう。 中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。   中古ドメインの価格は何で決めるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量 アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインの「当たり」とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン工房はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン工房をご活用ください。   中古ドメインを格安で手に入れる方法とは 結論として、中古ドメイン工房で買えばOKです。高品質なドメインを格安で購入することができます。 たまにセールをしているので、そのときにまとめ買いするのもいいでしょう。 中古ドメインを購入した後にすべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します まとめ 今回は「中古ドメインの検索方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す   中古ドメイン工房の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

2022/3/7

ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法

中古ドメインを買いたい人「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインは過去の運営歴やペナルティ.を確認しないと大変なことになると聞きました...。しかし調べ方がわかりません。。中古ドメインの調べ方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す   ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法 中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法 そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインを調べる7つの方法 ドメイン名を「site:」で検索する Googleの検索エンジンに、【ドメイン名+site:】を入力し検索ましょう。検索結果にペナルティの警告が表示される場合があります。また、インデックスの残り方にも注視してみましょう。 インデックスが残っているのに、一番上に来ていない場合は注意が必要です。問題なくインデックスが残っている場合は、利用した際にもインデックスされやすいという特徴がある可能性もあります。 ポイントとして、 ・警告の有無のチェック ・インデックスの状態のチェック を意識してください。   ブラウザで普通にドメインを開いてみる 「site:」の時と同様に、Googleなどの検索エンジンにドメインを入力して、ブラウザに表示させてみましょう。ご利用されているセキュリティソフトの種類や設定にもよりますが、上記画像の様にスパムやマルウェアを検知する場合があります。   この場合、現時点でサイトは存在していなくても過去の運用によってサイトがブラックリストに載ってしまっているドメインかもしれません。新たにサイトを作成し解除申請をすることもできますが、手間やリスクを考えた場合、警告が出るドメインは避けたほうが無難でしょう。   ブラックリストチェックツールの利用 https://www.aguse.jp/ 民間のブラックリストに掲載されているか確認することができます。ブラウザで警告が出ないドメインでもブラックリストに記載されている可能性があります。上記画像は「aguse.jp」というツールになります。 ブラックリストチェックツールは無料なものが多い http://mgt.jp/t/black ブラックリストチェックツールは、無料のツールが多くありますので、複数のツールで調査してみましょう。上記画像は「MGT.jp」というツールになります。無料のツールが多いので、検索して探してみてください。   ドメインの過去の運用履歴の確認 https://archive.org/index.php 有名なツールですが、WayBackMachine(ウェイバックマシン)は中古ドメインを選定する際には欠かせないツールです。新規ドメイン取得の際にも、念のために利用したほうが中古ドメインであったということを防ぐことに役立ちます。   ウェイバックマシンは、ドメインの過去の状態を確認するために利用します。不適切な内容のサイトでないかなど、過去運用されていたサイト内容を確認することは重要です。ですが、ペナルティドメインでも一見問題なく見えるものも多くあり見極めるには難しくなっています。   サイトマップ送信をする WordPressでは以下のプラグインをインストールして有効化するだけでサイトマップを作成できます。   サイトマップ送信 サーチコンソール ー サイトマップのメニューを開いてサイトマップの追加/テストボタンを押してから、以下のファイル名を入力して送信しましょう。 Google XML Sitemapはバージョンによってファイル名が異なります。プラグイン設定画面でファイル名を確認もできますが、両方のファイル名を試してください。 Yoast SEOの場合 sitemap_index.xmlGoogle XML Sitemapの場合 index.php?xml_sitemap=params= または sitemap.xml サイトマップを送信したら次のステップ(手順5)へ。 旧サーチコンソールのサイトマップ送信はサービス終了しているので、新サーチコンソールを利用します。サイトマップ送信後、すぐにサイトマップ送信が成功したか失敗したか確認できます。 成功しました と表示が出た場合はペナルティはない状態です。 手動ペナを受けている場合は下の画像が出てきます。   さらに詳細を見るとどのようなペナルティか内容を見ることができます。 Googleに手動ペナルティの解除の審査リクエストもできるが時間がかかるうえに成功する可能性は低いです。 放置してindexされるか確かめる 中古ドメインでサーチコンソールに登録したくない場合は、中古ドメインでサイトを作ってGoogleがインデックスするまで待ちましょう。 インデックスされるタイミングがいつかは不明です。 しばらくしてGoogle検索画面で info:ドメイン名 site:ドメイン名 で検索しましょう。ここでサイトが結果にヒットしなければ(検索結果が真っ白なら)インデックスされていない。ずっとインデックスされない場合は手動ペナを食らっている可能性が高まります。   7.サーチコンソールに登録してみる サーチコンソール登録のみ登録をしてサイトマップ送信やフェッチをしないでもペナルティの有無を確認できます。サーチコンソール登録を行い数日放置しておきましょう。Googleがサーチコンソールにサイトデータが反映されると手動ペナルティの有無が表示されます。   新サーチコンソールでの手動ペナルティを受けている画面   中古ドメインが上がらない時はどうすればいいのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。 中古ドメインの価格/値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   おすすめの中古ドメイン販売店を紹介します<アクセス中古ドメイン/お名前ドットコム> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン工房 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します   アフィリエイトをやるなら絶対に中古ドメインを使うべき理由 結論として、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   中古ドメインを購入した後すべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します 本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について 結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。   中古ドメインの選び方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性   まとめ 今回は「中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 中古ドメイン工房の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

2022/3/7

【朗報】中古ドメインの「当たり」を見つける方法を完全解説します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの買い方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す   【朗報】中古ドメインの「当たり」を見つける方法を完全解説します 中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの当たりを見つける方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法 中古ドメイン(オールドドメイン)とは何なのか<定義> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。 ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインは2021年でも効果があるのか 結論として、大いにあります。 むしろ、2021年のSEOでは被リンクがこれまで以上に重視されるため、はじめから強力な被リンクを持っている中古ドメインが猛威を振るう状況になっています。   中古ドメインの当たりについて解説します 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン工房はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン工房をご活用ください。   中古ドメインはアドセンス/アフィリエイトにも使えるのか 結論として、大いに使って頂けます。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事内ではアフィリエイトについて解説していますが、アドセンスについても全く同じことが言えます。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について 結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。 中古ドメインの選び方/見分け方について解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 中古ドメインの値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。     中古ドメインのペナルティの確認方法とは 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法     中古ドメインの使い方について解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。 中古ドメインが上がらないときにはどうしたら良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。   おすすめの中古ドメイン販売業者を紹介します 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン工房 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します まとめ 今回は「中古ドメインの当たりを見つける方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 中古ドメイン工房の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容  

2022/3/7

【完全保存版】中古ドメイン運用に役立つツールを完全解説します

中古ドメインのツールが気になる人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。それに、使い方もわからない。中古ドメインを効率よく探したり、上手く活用するためのツールが知りたいです。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 【完全保存版】中古ドメイン運用に役立つツールを完全解説します 中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインを上手く活用するためのツール」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインを今よりも上手く活用することができますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法 そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】   中古ドメインのメリットとデメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します     中古ドメイン はアフィリエイト/アドセンスに使えるのか 結論として、非常におすすめです。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由     本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について 結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。     中古ドメイン運用に役立つツールと使い方 結論として、下の4つのツールがおすすめです。 パワーランクチェッカー Moz waybackmachine expireddomain   順に解説していきます。 パワーランクチェッカー<中古ドメイン運用に役立つツール> このツールを使えば、中古ドメインのSEO的な強さがわかります。ドメインを自分で仕入れたい方には特におすすめです。また、販売業者から買う方も、買う前のチェックとしてご活用いただけます。 パワーランクチェッカー Moz<中古ドメイン運用に役立つツール> このツールでは、中古ドメインの信頼性がわかります。具体的には、被リンクのスパム値を調べることができるので、スパムサイトを排除することが出来ます。 Moz waybackmachine<中古ドメイン運用に役立つツール> このツールでは、中古ドメインの過去の運用歴を調べることが出来ます。そのため、過去にスパムサイトやアダルトサイトを運用していないかチェックして、そういったドメインを取得しない、という使い方が可能です。 waybackmachine expireddomain<中古ドメイン運用に役立つツール> このツールでは、世界中の失効したドメインを調査できます。これにより、自分で中古ドメインを取得することも出来ます。 expireddomain 中古ドメイン販売業者を紹介します<アクセス中古ドメイン/お名前ドットコム> ここまで、中古ドメインに関するツールをご紹介しました。しかし、自分で中古ドメインを取得するのは本当にオススメしません。 なぜなら、専門的な知識や長い経験がないと良質なドメインを見分けることは不可能だからです。そして、これらを身につけるには長期間中古ドメインと向き合う必要があります。しかし、サイト運営においてはドメインのことばかり考えていては、時間がいくらあっても足りません。 はっきり言って、中古ドメインのことはわれわれ専門業者に任せて、サイト運営のことに集中したほうが余程効率がいいのです。   中古ドメインは、自分で取るよりも、専門業者から買うことをおすすめします。   結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン工房 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します     中古ドメインの検索方法を解説します 結論として、先ほど紹介した販売業者のサイトで、ほしい条件をもとに検索すればOKです。   中古ドメインの選び方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性     中古ドメインの当たりを見つける方法 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン工房はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン工房をご活用ください。     中古ドメインの値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量 アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。       中古ドメインの使い方を解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。 中古ドメインのペナルティを調べる方法 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法     中古ドメインが上がらない時はどうしたらいいのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。   中古ドメインを購入した後に何をしたら良いのか 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   まとめ 今回は「中古ドメインを上手く活用するためのツール」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 中古ドメイン工房の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

2022/3/7

【完全保存版】これで安心!中古ドメインの取得方法を完全解説します

中古ドメインがほしい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの取得方法を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 【完全保存版】これで安心!中古ドメインの取得方法を完全解説します 中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの取得方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法 そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   中古ドメインはアフィリエイトやアドセンスに効果があるのか 結論として、非常に高い効果があります。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事ではアフィリエイトについて述べていますが、アドセンスでも同じことが言えます。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由     中古ドメインの使い方を解説します<上位表示> 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。 中古ドメインの価値/値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインの取得方法の種類を解説します 中古ドメインの取得方法の種類は下記のとおりです。 ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン工房のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事)   結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。   理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。   そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。   中古ドメインの探し方とは<便利なサイトをまとめました> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン工房 中古ドメイン販売屋さん ちなみに、中古ドメイン工房は中古ドメイン工房が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。   実際に、中古ドメイン工房で買っていただいた企業様に、中古ドメイン工房からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン工房をごひいきくださいませ。 中古ドメインの見分け方 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 中古ドメインの買い方を解説します 結論として、下記の手順で進めればOKです。 1.販売業者のサイトにいく 2.希望の条件からドメインを探す 3.ドメインを購入する もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します 自分で中古ドメインを取得するのが最悪な理由 繰り返しになりますが、自分で中古ドメインを取得するのはおすすめしません。必ず専門業者から買いましょう。なぜなら、スパムやアダルトのドメインを買ってしまい、サイトが上がるどころか評価が下がってしまうリスクがあるからです。また、長い経験がないと、本当に良いドメインを見分けることは難しいです。専門業者から買うことで、こういった面倒な作業をすべて丸投げできますよ。 中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。 中古ドメインを 購入した後にすべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します 中古ドメインのペナルティを見極める方法 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法 まとめ 今回は「中古ドメインの取得方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか?   【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 中古ドメイン工房の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

2022/3/7

【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインが気になっています。でも、中古ドメインってほんとに大丈夫なのかな。買う前にいろいろ知っておきたいので、中古ドメインのメリットとデメリットを徹底解説してください。」   この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します 中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインのメリット・デメリット」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法 そもそも中古ドメイン、新規ドメインとは? この章では、中古ドメインと新規ドメインの定義を解説します。それでは、順に見ていきましょう。 ・中古ドメインとは 中古ドメインは「過去に誰かに使われていたが、何らかの理由で手放されたドメイン」です。入手方法としては、中古ドメイン工房のような中古ドメイン業者から買うことになります。 ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】   ・新規ドメインとは 新規ドメインは「過去に使われたことのないドメイン」です。入手方法としては、バリュードメインのような新規ドメイン業者から買うことになります。 本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について 結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。 中古ドメインの使い方について解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。 中古ドメインはアフィリエイトやアドセンスで使えるのか 結論として、非常に効果的です。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事では主にアフィリエイトについて述べていますが、アドセンスについても同じことが言えます。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   中古ドメインのメリットとデメリットとは この章では、中古ドメインのメリットとデメリットを解説します。 ・中古ドメインのメリット 結論としては、下記のとおりです。 ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる 順に解説します。 ・前所有者が取得してからの「運用歴(ドメインエイジ)」が引き継がれる 中古ドメインは、平均して3年から5年、長いものだと10年20年の運用歴を持っています。結果、Googleに長いドメインエイジを評価してもらえ、SEO的に良い効果を得られます。 ・Googleにインデックスされるスピードが速い 中古ドメインは、新規ドメインよりも早くインデックスされます。それは、すでにドメインエイジがあるのでGoogle検索エンジンから認識されやすいからです。 ・ページランクの実績が引き継がれる 中古ドメインはページランクを持っています。このランクは、サイトの中身が変わっても引き継がれます。ページランクが高いほどSEO的に恩恵を受けられます。 ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる 中古ドメインの最大の旨味である被リンクは、強力なSEO効果を生みます。被リンクの質が良く、数が多いほど、同じ記事を書いても上位表示されやすくなります。 ・中古ドメインのデメリット 結論としては、下記のとおりです。   ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない 順に解説します。 新規ドメインより価格が高い 中古ドメインは平均して3万円前後します。この金額は、新規ドメインの1000円程度という価格に比べてかなり高いです。 低品質な被リンクも引き継がれてしまう 中古ドメインのハズレを引いた場合、低品質なスパムリンクも引き継がれます。一応、GoogleSearchConsoleで否認できますが、勿論ない方が良いです。 低品質コンテンツの公開履歴が残る 運用歴の中で、低品質なコンテンツを運用していた場合、その過去は消せません。とはいえ、直接なにか影響があるわけではなく、イメージ的な問題です。 ペナルティが引き継がれてしまう 低品質なコンテンツやスパムを原因として、Googleからペナルティを受けるケースがあります。このペナルティを中古ドメインが食らっていた場合、引き継がれます。もし購入したドメインがペナルティを食らっていたら、交換か返金してもらいましょう。そのぐらい、ペナルティは致命傷なのです。 オリジナルのURLが取得できない 中古ドメインはすでに名前が決まっているので、自分の好きな名前で取得できません。新規ドメインなら、サービス名や会社名にあわせて名付けられます。とはいえ、ドメイン名でなにかが変わるわけでもないので、これはイメージ的な問題です。   新規ドメインのメリットとデメリットとは この章では、新規ドメインのメリットとデメリットを解説します。 ・新規ドメインのメリット 結論としては、下記のとおりです。   ・中古ドメインより価格が安い ・今までの運用歴に左右されない 順に解説します。 ・中古ドメインより価格が安い 新規ドメインは、だいたい1000円ほどで取得可能です。この点、中古ドメインは平均して3万円前後なので、新規ドメインのほうが安いのです。このような価格の差が出る理由は、新規ドメインにはSEO的な価値がほぼないからです。一方、中古ドメインには強力な被リンクがははじめから付いている場合があります。ここが、価格に差がある理由です。 ・今までの運用歴に左右されない 新規ドメインは、過去に使われたことがないので、運用歴がありません。そのため、中古ドメインのハズレを引いたときのような、スパムや犯罪サイト運営歴のせいでGoogleに低評価されるリスクがゼロなのです。     ・新規ドメインのデメリット 結論としては、下記のとおりです。 ・「ドメインエイジ(運用歴)」がない ・Googleにインデックスされるスピードが遅い ・ページランクの実績がない ・被リンク(バックリンク資産)がない 順に解説します。 ・「ドメインエイジ(運用歴)」がない まず、新規ドメインには運用歴がありません。結果、Googleが認識している指標であるドメインエイジが最低評価になります。一般的に、ドメインエイジは長ければ長いほど高評価されやすいとされています。   ・Googleにインデックスされるスピードが遅い これは明確な欠点です。新規ドメインは記事を書いてアップしても、インデックスされるまで最短で3ヶ月ほどかかります。中古ドメインなら1日でインデックスされることもあるのに、です。インデックスが遅いと、それだけメディアの成長が遅れます。 ・ページランクの実績がない 当然、新規ドメインにはページランクもありません。全てがゼロなのです。 ・被リンク(バックリンク資産)がない 新規ドメインはまっさらな状態なので、被リンクもゼロです。結果、SEO的には何ら有利な部分がありません。   「当たり」の中古ドメインの見分け方とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン工房はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン工房をご活用ください。 中古ドメインの価格は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量 アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインが上がらない!失敗例と対処法を解説します 中古ドメインを使っても、全く順位が上がらない、または不安定になることがあります。そんなときは下の対処法を行いましょう。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。   中古ドメインの買い方を解説します 結論として、下記の手順で進めればOKです。 1.販売業者のサイトにいく 2.希望の条件からドメインを探す 3.ドメインを購入する もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します おすすめの中古ドメイン販売業者を紹介します 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン工房 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します まとめ 今回は「中古ドメインのメリット・デメリット」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す   中古ドメイン工房の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

2022/3/7

【初心者OK】これで安心!中古ドメイン購入マニュアル【完全版】

中古ドメインの購入を考えている人「中古ドメインを買いたいけど、どこで買ったらいいんだろうか?そもそも、良い中古ドメインと悪い中古ドメインの見分け方も分かりません…。いい中古ドメインをお手軽価格で買う方法を教えてください。」   こんな悩みを解決します。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す 1.【初心者OK】これで安心!中古ドメイン完全購入マニュアル【2021年完全版】 中古ドメイン工房代表のうりぼーです。Webマーケティング事業を経営しています。私自身、中古ドメインを自社で仕入れては、サイト運営に長年役立てています。この記事を読めば、中古ドメインの買い方がわかり、実際に自社にあった中古ドメインをカンタンに購入できますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法 2.そもそも、中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと   つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 3.中古ドメインを使う目的とは<簡単に上位表示できます> 結論として「新規ドメインよりも早く、サイトが上位表示されやすくするため」です。その理由は「新規ドメインは被リンクがゼロから始まるのに対して、中古ドメインはすでにたくさんの被リンクを受けているから」です。個人でゆっくりやるのではなく、会社で事業としてやる場合や本気の副業でやる場合には、何よりもスピードが大切です。この点、中古ドメインは時間を買うことができるので、非常にビジネス向けと言えるでしょう。   中古ドメインは、何年も運営されているため、その分だけたくさんの良質な被リンクを受けています。被リンクとは「他のサイトから設置されたリンク」を指します。Google検索エンジンに高い評価を受けているサイトから被リンクを受けると、受けたサイトの評価も上がります。例えるなら「有名な教授に紹介された本は高く評価される」といった現象に近いです。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【2021年】中古ドメインのSEO効果が高い理由を解説【アフィリエイト】 4.アフィリエイト/アドセンスに中古ドメインは使えるのか? 結論として、アフィリエイトやアドセンスを始めたいなら「中古ドメインを使わないのはありえない」です。この情報はあまり知られていませんが、今のSEOの状況は中古ドメインにはものすごく有利なのです。新規ドメインでは到底実現できないスピードで上位表示できますし、コアアップデートでも、被リンクが多い分だけ中古ドメインは盤石なのです。   アフィリエイトやアドセンスをするなら、絶対に中古ドメインで始めましょう。   VOD、不動産、美容など、幅広いジャンルで中古ドメインが活躍しています。そして、アドセンスでもその威力を存分に発揮します。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由 5.中古ドメインのメリットを解説します 結論としては、下記のとおりです。 ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる 順に解説します。 ・前所有者が取得してからの「運用歴(ドメインエイジ)」が引き継がれる 前の所有者が長い間ドメインを使っていれば、それが引き継がれます。これの何が良いかというと、Googleは長く使われたドメインを高く評価するのです。ぽっと出の会社より、伝統ある会社の方が信頼しやすいですよね。そんなイメージです。 ・Googleにインデックスされるスピードが速い これは明らかに違いが実感できます。新規ドメインと中古ドメインなら、抜群に後者が早くインデックスされます。これにより、事業を高速ですすめることができます。 ・ページランクの実績が引き継がれる ページランクとは、Googleがサイトを評価する際の指標の1つです。あるWebページが「それだけ品質の高いサイトから、どのぐらいの量のリンクをもらっているか」によってページのランク付けをします。これが引き継がれるので、いい影響しかありません。 ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる これも素晴らしいです。特に良質な中古ドメインの場合は、公共被リンク・国からの被リンク・wikipediaからの被リンクなど、強力な被リンクを受けています。これがそのまま引き継がれるのです。     5.中古ドメインのデメリットを解説<違法?あがらない?> 結論としては、下記のとおりです。 ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない 順に解説します。   新規ドメインより価格が高い まず、中古ドメインは貴重性が高い一点物なので、新規ドメインより高いです。ものによっては、1個数百万円する場合もあります。 低品質な被リンクも引き継がれてしまう こちらは注意が必要です。具体的には、スパムサイトからのリンクが残っていると、そのまま引き継がれてしまいます。対処法は、ドメイン取得後にサーチコンソールからリンクを否認すればOKです。 低品質コンテンツの公開履歴が残る こちらは気になる人もいるかと思います。例えば、過去に脱毛サイトやスキンケア化粧品の比較サイトが運営されており、見栄えが悪いと言ったことです。過去のデータはWay Back Machineで見れてしまうので、注意しましょう。ただ、SEO的にはそこまで重くなく、あくまでも見た目や気持ちの問題です。 ペナルティが引き継がれてしまう こちらは特に注意しましょう。手動ペナルティを受けている場合、そのドメインはもう諦めたほうが良いです。受けてるかどうかは、サーチコンソールから確認できます。 オリジナルのURLが取得できない これは、気持ちの問題です。例えば京都で川西不動産(仮名)という不動産会社をやる場合に、「kawanishi.com」や「kyoto-fudousan.net」のようなドメインを使いたくなる人は多いはずです。しかし、中古ドメインは全く無関係に名前が決まっているので、これができません。   6.中古ドメインを買って失敗するのはこんなケースです<過剰な期待はNGです> 結論として、下の2つです。 ①良質なコンテンツを入れてない 結論として、強い中古ドメインを手に入れさえすれば、コンテンツは何でもいいと考えていると失敗します。確かに強力なドメインは必須と言えますが、これはあくまで前提の話です。重要なのは、ユーザーのためになるコンテンツを継続的に更新し続けることです。   ですので、強力な中古ドメインを使って、最強のコンテンツを入れ続ければ、成功確率がぐんと上がるとお考えください。どちらか片方だけではダメです。   ②競争が激しいキーワード参入している また、いくらスペック的に優れている中古ドメインでも、競争が激しいキーワードでは、上がりません。これは、ドメインのパワーが競合に負けているのです。特に稼ぎやすいキーワードでは超強力な企業ドメインがひしめいています。ここに参入するのは無謀と言えます。ですので、参入するキーワードをずらすことで、競争を避けたほうが良いのです。 7.中古ドメインの購入方法の種類 中古ドメインの購入方法の種類は下記のとおりです。   ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン工房のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事)   結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。   そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。   8.中古ドメインを販売してるおすすめサイトは?探し方・買い方を解説します<アクセス中古ドメイン/中古ドメイン工房/お名前ドットコム> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。   アクセス中古ドメイン 中古ドメイン工房 お名前ドットコム   ちなみに、中古ドメイン工房は中古ドメイン工房が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。実際に、中古ドメイン工房で買っていただいた企業様に、中古ドメイン工房からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン工房をごひいきくださいませ。   9.中古ドメインの選び方とは 結論として、プロが選別した高品質なものを買いましょう。 素人が、自分で適当なドメインを買ってきても、失敗する可能性が高いです。実際、数ある中古ドメインの中で十分戦えるのは1万個に1つぐらいです。こんなものを自力で探していては、時間がどれだけあっても足りません。 なので、その道のプロである中古ドメイン販売業者から直接買うのがオススメなのです。   10.おすすめの中古ドメイン見分け方とは<当たりを見つけましょう> 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 中古ドメインの「当たり」とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン工房はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン工房をご活用ください。   11.中古ドメインの価格・値段について解説します この章では、中古ドメインの価格・値段について解説していきます。   中古ドメインの相場はどのぐらいなのか 知りたい方は下のページをご覧ください。 【初心者OK】中古ドメインの相場について解説します【完全理解】   中古ドメインの価値は何で決まるのか 知りたい方は下のページをご覧ください。 【初心者OK】中古ドメインの値段について解説します【価格/相場】 中古ドメインの 更新料はいくらなのか これは、新規ドメインと変わりません。だいたい1年で1000円弱とお考えください。 格安で中古ドメインを買う方法 自分で中古ドメインを探してきて買えば、格安で済みます。しかし、全くおすすめできません。なぜなら、中古ドメインの選定は専門技術があるプロが、豊富な経験によって行うものだからです。やはり、少し高くても専門業者から買ったほうが、圧倒的に時間の節約になりますよ。 12.中古ドメインの使い方を解説します 結論として、下記の図のとおりです。   ■ビジネスモデル ・アフィリエイトサイトに使う ・自社商品/自社サービスの販促に使う ■位置づけ ・メインサイトに使う ・サテライトサイトに使う   アフィリエイトをするなら、中古ドメインを絶対に使うべきです。その理由について、下の記事で解説しました。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   13.中古ドメインを購入した後に何をしたらいいのか 下記の2つを行いましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します 14.中古ドメインを使っても上がらない場合はどうすればいいのか 結論として、下記を行いましょう。 ・最低でも3か月は様子を見る ・コンテンツを改善する ・ペナルティが付いてないか見る ・被リンクを増やす   順に解説します。 ・最低でも3か月は様子を見る まず、中古ドメインに限らず、サイトを立ち上げても結果が出るのは「早くても3ヶ月後」です。これはGoogle検索エンジンの仕様なので、仕方ありません。焦らずに淡々と、下の施策を行いましょう。   ・コンテンツを改善する 一番良くあるケースです。いくらドメインが良くても、肝心のコンテンツが悪ければサイトは上位表示されません。家で例えるなら、いい場所に家を立てても、家自体がオンボロでは、元も子もないですよね。中古ドメイン工房では、Webサイトのコンテンツ改善コンサルを承っております。SEO対策の観点からコンテンツを専用ツールでチェックさせていただき、今より上位に表示されるためには何をすべきか、全てお伝えいたします。気になった方は下のフォームからお問い合わせください。 【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容   ・ペナルティが付いてないか確認する サーチコンソールにドメインを登録して、ペナルティがないか確認しましょう。 詳細は下の記事からご確認ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   ・被リンクを増やす これはSEO対策における基本的な施策です。ちなみに、むやみに被リンクを増やしても意味はありません。しっかりとプロのコンサルティングを受けながら高品質な被リンクだけを受ける必要があります。 そのためのサービスもご用意しています。気になる方はお問い合わせください。     まとめ 今回は「中古ドメインの完全購入マニュアル」を公開しました。   アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す   ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。   【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

2022/3/7

【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】

中古ドメインが気になる人 「Webサイトの検索順位を伸ばす方法を探していたら、中古ドメインという言葉を見つけました。でも、中古ドメインって何なんだろう・・・。教えてください。」   こういった疑問に解説します。 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す   【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの買い方」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。 「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。 >>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法   1.中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインとは、過去にサイト運用などを行っていたドメインの所有者がなんらかの理由で手放したドメインになります。いわゆる、一度使用されたドメインということになります。期限切れドメイン、オールドドメイン、などとも言われます。 2.中古ドメインと新規ドメインの違いとは 中古ドメインと新規ドメインの違いを解説します。結論としては、以下の通りです。   中古ドメイン:これまでのGoogleからの評価がすべて引き継がれる。 新規ドメイン:Googleからの評価が全くのゼロから始まる。   まとめると、ビジネスで結果を出す場合は四半期で考えるケースが多いはずです。しかし、新規ドメインでは評価が0の状態から始まるため、半年から1年は伸び悩むことになります。   3.中古ドメインのメリットとデメリット 中古ドメインのメリットとデメリットを解説します。   ⑴中古ドメインのデメリット 中古ドメインを使うデメリットは下記のとおりです。   ・時間経過による被リンク減少 ・Googleからペナルティを受けているリスク   順に解説します。 時間経過によるバックリンク減少 中古ドメイン最大の資産である被リンクですが、時間とともに減少することがあります。というのは、「サイトの管理人・内容が変わったことに気づいて被リンクを削除する」からです。とはいえ、これはまれなパターンです。あまり気にしなくてもいいでしょう。   Googleからペナルティを受けているリスク 中には、Googleペナルティなどのリスクを孕んでいる中古ドメインもあります。しかし、中古ドメイン工房では事前に、ペナルティがないようにチェックを行っております。ご安心ください。   ⑵中古ドメインのメリット 中古ドメインを使うメリットは下記の通りです。   ・ドメインの運用期間が長い ・被リンクが付いてくる   順に解説します。   ドメインの運用期間が長い   運用履歴が長いことは大きなメリットです。というのは、Google検索エンジンに信用されやすくなるからです。具体的には下記の通り。   (例) 中古ドメイン:運用歴12年の歴史あるサイト 新規ドメイン:今日生まれたばかりのサイト   当然、歴史の長いサイトをGoogleは高評価します。このあたりは、現実のビジネスと同じですね。   被リンクが付いてくる 結論として、中古ドメインには被リンクが引き継がれます。   被リンクとは: 外部のサイトから設置されたリンクのことです。   そして、Googleは被リンクの質と本数を重要視します。質の高い被リンクをたくさん持つサイトを、検索上位に上げるわけです。つまり、「質の高い被リンクが沢山ついたドメイン」を使えば、Googleからの評価を引き継げます。   ちなみに、当サイトも中古ドメインで作成しております。 4.中古ドメインの品質を選ぶ際のポイント 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。   ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性   まだまだありますが、このあたりにしておきます。いずれにせよ、「専門家でも高品質な中古ドメインを見つけるのは至難の業」です。   専門家が高度なツールを使い、経験と研究を重ねながらやっとたどり着けるかどうか、それが中古ドメインの品質チェックです。   5.中古ドメイン工房で購入するメリット お手頃な価格で高品質な中古ドメインをご提供いたします。具体的には、下記のメリットがございます。   ・高品質なドメインのみを厳選:独自基準により厳選した、最高品質のドメインをご用意します。 ・お手頃価格でご提供:効率に特化した事業運営により、お手頃価格でのご提供を可能にしています。 ・無料返金制度あり:「手動ペナルティ」があった場合は、全額返金いたします。 ・ノウハウをご提供:サイトにて、中古ドメインの運用ノウハウ、SEOノウハウを随時更新していきます。   まとめ 今回は「中古ドメインとは何なのか」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン工房でドメインを探す ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【必須】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

© 2022 うりぼーブログ Powered by AFFINGER5