【完全版】登山初心者向け持ち物のまとめ【すぐに登れる】

キャリア

今回は登山に関する記事です。

 

こんな人におすすめ
・登山を始めたいけど何から揃えればいいかわからない人
・登山道具の選び方がわからない人

 

 

登山初心者が真っ先に買うべき4つのアイテムをご紹介します。その上で、追加で買うと良いものも挙げておきます。

 

・登山靴(トレッキングシューズ)
・雨具上下(レインウェア)
・下着(ベースレイヤー)
・ザック
+
・追加で買うと良いもの

登山靴(トレッキングシューズ)

 

登山靴です。トレッキングシューズと呼ぶこともあります。これがないと始まりません。

ポイントは3つです。
1つ目は、ハイカットであること

2つ目は、ソールが硬いこと
3つ目は、防水性能があること(ゴアテックスなど)

 

順に説明します。

ハイカット

ほとんどの登山経験者が、初心者にはハイカットをおすすめするはずです。理由は、最も登山に適した形状だからです。ハイカットは、足を強力に保護してくれるので、段差や岩で足がぐねって怪我する事態を防いでくれます。

 

ソールが硬い

登山中には地面が悪い状況が続きます。硬いソールで足の裏を保護してあげるのが大切です。足が疲れにくく、長く歩けるという効果もあります。

 

防水性能

山の天気は変わりやすいです。特に、雨はよく降るため、地面が濡れることも多いです。
防水性能は必須といえるでしょう。ゴアテックスと書いてあるものを選ぶと、確実です。

 

特に初心者にお勧めなのは、キャラバン社のC1_02Sです。登山をやる人ならほとんどの人が知っている定番商品です。この値段で3つのポイントを全て備えています。

 

うりぼーもこれを愛用しています。低山なら冬の雪山も行けるくらいには、ポテンシャルがあります。

 

Amazon | [キャラバン] トレッキングシューズ C1_02S ゴアテックス 0010106 | caravan(キャラバン) | トレッキング
トレッキングシューズ C1_02S ゴアテックス 0010106がトレッキングストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

上下(レインウェア)

雨具も大切です。登山では、どんな低い山に行く場合でも雨具を携帯します。というのは、いつ天気が変わるかわからないからです。防寒具としても使えます。

 

 

必ず上下揃えてください。通常、雨具といえば上半身だけを指しますが、登山の雨具は上下セットです。猛烈な雨が降った際に、体温低下から身を守るためには、上下セットが必要なのです。

 

 

雨具の選び方のポイントは3つです。

雨具選びのポイント
⑴防水性が高い
⑵透湿性が高い
⑶頑丈

防水性が高い

これは言うまでもありません。どんなに強い雨が降っても、1滴も雨が侵入してこないような防水性が必要です。

 

透湿性が高い

登山中には大量の汗をかきますが、この汗を放置しておくと汗冷えしてしまいます。なので、汗をどんどん空気中に蒸発させる必要があります。かいた汗を蒸発させてくれるような、透湿性が不可欠になります。

 

頑丈

木の枝や鋭い岩の間を進むことも多いです。そんなとき、弱い素材では簡単に裂けてしまいます。なので、一定の頑丈さが必要になります。

 

以上の3つのポイントを押さえている商品で、特におすすめなのはストームクルーザーレインダンサーです。

 

・ストームクルーザー
がっちりとした登山専用の雨具です。必要な性能がすべて備わっており、全くいうことがありません。ややお高いですが、春夏の日本の山、ほとんど全てに対応できるでしょう。
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128615

 

・レインダンサー

入門編にぴったりです。ストームクルーザーよりも軽く、動きやすいです。春夏の低山ならこれで十分です。
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128618

 

下着(インナー)

下着です。命にかかわるので、中途半端な商品やよくわからないメーカーの商品は絶対に買わないでください。登山中、汗が揮発せずに汗冷えし、低体温症になると本当に危険です。

 

ジオラインキャプリーンが定番です。どちらかを買いましょう。

 

リュックサック(ザック)

リュックサックも重要ですが選ぶのは難しいです。ここで4つのポイントを紹介します。
リュックサック選びのポイント
・収納力がある
・肩と腰の紐が太くて頑丈
・中のものを取り出しやすい
・背負い心地がいい

 

 

収納力がある
目安として、30L前後あれば日帰りには十分です。

 

肩と腰の紐が太くて頑丈
登山のザックは、肩と腰に負担を分散しながら背負うのが基本です。なので、これらの紐が十分に太く、頑丈であることが求められます。

 

中のものを取り出しやすい
ザックの下からも上にもジッパーがついており、どちらからでもアクセス可能なモデルがおすすめです。うりぼーは、ザック下部に雨具を収納し、いつでも取り出せるようにしています。

 

背負い心地がいい
登山中は当たり前ですがザックを常に背負っています。なので、背負い心地が快適なものを選びましょう。

 

これら3つの条件を満たし、特におすすめなのがドイター社のフューチュラ32です。私も使っており、初心者にもおすすめできます。

 

追加で買うと良いもの

 

追加で買うと良いものを挙げておきます。

 

・ヘッドライト
PETZL(ペツル) ACTIK CORE アクティック コア E99AB 350ルーメン ブラック

 

・ストック
DABADA(ダバダ) SG承認品 軽量アルミ製 トレッキングポール 2本セット Amazon限定キット付 アンチショック機能付 【軽量200g コンパクト最少56cm】(アルミシルバー)

 

・サバイバルシート
SOL(ソル) ヒートシート サバイバルブランケット2人用 12134

 

・マット
THERMAREST(サーマレスト) マットレス クローズドセルマットレス リッジレスト ソーライト R値2.8 シルバー/セージ L 30208 【日本正規品】

 

・ゲイター
アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) Ms.バーグラスゲイター メンズ 001-BLACK 61611 M

まとめ

 

 

今回の記事のまとめです。

 

 

こんな人におすすめ
・登山を始めたいけど何から揃えればいいかわからない人
・登山道具の選び方がわからない人
紹介したアイテム
・登山靴(トレッキングシューズ)

・雨具上下(レインウェア)
・下着(ベースレイヤー)
・ザック

・追加で買うと良いもの

 

 

※最後に、少し注意です。

 

登山は非常に魅力的な趣味ですが、危険もいっぱいです。常に安全を第一に考えましょう。慣れないうちは、登山経験者と一緒に行くことをおすすめしています。

 

 

また、レベルが高すぎる山やコースに行くのはやめましょう。登山は一生できる趣味ですので、「もっと力をつけてから、いつか挑戦してやる!」とのんびり構えたほうが賢明です。

 

 

安全に楽しく登山入門しましょう!

タイトルとURLをコピーしました