お役立ち

【重要】与えた分しか貰えない話。GIVERは得をする話。【まず与えよ】



起業ラジオ • A podcast on Anchor


となりの起業家🚀/経歴▶︎国立大卒業後に一部上場企業を経て起業/専門領域▶︎0→1.戦略.投資.経営.法律.マーケ....


anchor.fm




うりぼーの秘密の本棚|うりぼー|note


お買い得なまとめ買いが可能です。 うりぼーの有料noteが全部ほしい場合はコレを買ってください。


note.com


川沿いの桜がきれいな季節になってまいりました。
いかがお過ごしでしょうか。

『となりの起業家』ことうりぼーです。

私のことは""トトロのビジネス版""だとお考え下さい。
いや・・・やはり・・やめてください・・🥺

少し不気味ですね。ビジネス・トトロ。
何かを勧誘してくるトトロがいたらイヤですね。

今回は愛の話、人間関係の話、ビジネスでの貸し借りの話、その他あらゆることに通用しうる根源的テーマを掘ってまいります。

私は真理に気づいたのです。気づいてしまったのであります。

夜に電車から降りてベンチに座り一息ついたときに、電が走り、そして気づいてしまったのです。あぁそうだったのか......。

うりぼーが気付いたこの世の真実とは

画像2

私が気付いたこととはつまり・・・

与えた分しか貰えない

ということです。

え?どういうこと?

分かります。意味不明ですよね。

あなたの脳をこれからリラックスさせます。ほぐれていきます。豆腐のようにふわふわです。ここは砂漠です。砂漠には水がありません。水があるのはオアシスだけです。これがあなたです。驚きです。文章を読んでいるだけで、あなたはオアシスという概念になってしまいました。焼きたてジャパンという漫画では美味しいパンを食べるとリアクションで人がダムになったりします。そんなようなものです。あなたはオアシスになる...オアシスになる...オアシス...オアシス.........。

画像1

はい。あなたは完全にオアシスになりました。

あなた自体がオアシスになれば、人は水を汲みにきます。そして、食べ物を分け与え、音楽を奏でていきます。人々はあなたに与えようとします。あなたは豊かなのです。豊かであるから人に与えます。すると人々は喜びます。恩恵を受けるからです。そしてこの恩恵をあなただけでなく周りの人にも与えます。

この輪は広がることで、あなたのまわりには小さな集落が生まれます。この集落には人に与える人たちが住んでいます。始めはあなたから水を取っていくだけの人もいます。しかし、次第に人々が水の代わりに何かを与えることに影響され、いてもたってもいられなくなり、与えようとします。

人間は模倣の生き物です。他人と違う状態はつらいのです。音楽が流れ踊りが始まると膝が揺れてしまうように、人は人を真似します。この波及効果があなたとその周りを幸せにします。

「情けは人の為ならず」の真の意味【ことわざは偉大】

情けは人の為ならずという言葉があります。この言葉を多くの方が誤解されています。実は「情けをかけるのは相手のためにならない。」という意味ではないのです。この言葉は「他人に情けをかけるのは、相手のためではなく、あなた自身のためである。なぜなら、他人にかけた情けは、巡り巡ってあなたに返ってくるからである。」という意味なのです。

昔の人は凄いですね。一言でまとめています。さすがです。昔の人。私は「与えた分しか貰えない」とまとめてみました。

この話は、やはり、どこか水に似ています。

水が零れ落ちたときには周りに振りまくのです。この余剰が周りを癒して、いつかあなたにも回ってきます。人間は良い時もあれば悪い時もあります。良い時にこそ周囲に幸せのおすそ分けをするのです。すると、悪い時に助けて貰えます。

結局、あなたが与えた分だけを、巡り巡って未来に受け取れるのです。周りに与えた分が時間をかけて周囲の土に浸透して、来るべき時に染み出してきます。あなたが何かを受け取ったとすれば、それは過去のあなたが誰かに与えたからです。自覚がなくてもあなたは与えていて、誰かがそれを受け取ったのです。私はそういう風に考えています。

Giverは常に得します【GiverとTakerの意味も解説】

すなわちGiver(先に与える人)は常に得をするのです。これはシンプルですが、分かっていないとひどい目にあります。

1つ例を出します。下の二人の上司が崖から落ちかけています。片方しか助けられません。あなたならどちらを助けますか?

■崖から落ちそうな2人の上司

上司A.
常に不機嫌。偉そうで横暴。普段から周りに暴言を吐く。気に入らないと暴れる。女子社員にセクハラを繰り返している。

上司B.
常にご機嫌で愚痴1つ言わない。あなたを褒めてくれる。頑張ってると、たまに缶コーヒーを奢ってくれる。基本的に優しくて、ここぞというときには助けてくれる。

これ、考えるまでもなくBですよね。
100人中100人がBを助けてAを見捨てますよね。


これは究極の例ですが、実は物事は究極な状況を考えた方が本質が見えると考えています。つまり、私が言いたいのは、こういった「選択(2人の人間のうちどちらを助けるか、などの)」の繰り返しで、人間の行動が決まっており、普段から周囲の人間に「与えている人(Giver)」は生かされ、「奪ってきた人(Taker)」は見捨てられるということなんです。

GiverとTakerの得られる利得の比較

結論として、下記のとおりです。

■GIVER:短期的には損。長期的には得。
■TAKER:短期的には得。長期的には損。

GIVERは、まず相手に与えます。貢献します。人々の役に立ちます。結果、始めは身銭を切ることが多いです。損をします。本人はそれを損とは思っていませんが。そして、長期的には得をします。なぜなら、今までの貢献に対して恩返しをする人々は現れるからです。

そして、たいていはこの人たちはGIVER気質なんです。結果、GIVERだけの「良いコミュニティ」が完成します。彼らは、お互いに協力し合って生きていきます。

一方、TAKERは人から奪います。騙します。美味しいとこ取りをして、逃げます。結果、短期的には得をします。なぜなら、必ず短期的に得するように動くからです。その分、周りの人から奪っているのですが.....。本人はそれを悪と考えていない、あるいは、悪であってもかまわないと開き直っています。

結果、人々は彼に対して「二度と関わるもんか....」と思います。結果、彼の周りには人が集まりません。まるで焼畑農業のように、奪いつくした後には何も残りません。むしろ、思わぬ報復を食らいます。

TAKERの周りにはTAKER気質の人しかいません。結果として、お互いに奪い合う関係が構築されてしまいます。

【GIVERとTAKER】脱サラが失敗する理由【診断】

耳が痛い話をします。実は多くの脱サラは失敗します。

脱サラする人
「おれ、会社作るんだ」
「おれ、店やるわ」
「ワシ、喫茶店やるわい」

しかし悲報。
ほぼ全員、死にます。

なぜかというと「自らの恵まれた地位や立場が、周囲の人々のおかげで成り立っている」という事実に対する感謝がなく、TAKERな人間になっているからです。こういった人たちの口癖は下記のような感じです。

TAKERの口癖
「(取引先に対して)下請け」
「(特定の人物について)●●は使えねえ」
「(相手に対して)おまえ」
「(呼びかける際に)おい」

人として、ありえないですよね・・・。でも、こういう人が割といますよ。実は私も大企業で働いていました。違和感ありありでした。やたらと偉そうにするんです。何者でもないのに。ただ自分がちょっと立場上強いだけなのに。意味不明ですよね。

でもご安心ください。

こういった「他人に対する最低限の敬意がない人」は淘汰されていきます。なぜなら、誰もそんな人とは働きたくないから。誰も、そんな人のために頑張りたくないから。

今後、フリーランスという働き方が増えていきます。副業も増えます。複業も増えます。起業も増えます。

ですが、ここでも最後にモノを言うのは「この人と一緒に働きたいか?」なんです。よく「AIに仕事を奪われる」とか「働く先がない人が増える」といいますよね。あれって部分的な話なんです。

極論ですが「世界中の人から『君と働きたい!』と言ってもらえる人材になれば、仕事なんて無限にあるし、お金なんて簡単に稼ぎ放題」ですよ。

【結論】GIVERになるにはどうしたらいいのか

小さいことから始めましょう。下記を試してみてください。

■あなたが今日からGiverになる方法

・相手に何かしてもらったら、必ず「ありがとう」と言う。
これは常にやった方が良い。たとえ、その結果に満足していなかったとしても、必ずやるべき。
・自分が悪いと思ったら「ごめんなさい」「すみません」と言う。
謝罪によって責められる恐怖があるかもしれないが、開き直って謝らないよりはましな結果になると知っておく。
・部下/同僚/パートナーにフィードバックする際には「YesBut法」を使う。例えば「ありがとう。●●の部分が素晴らしいね。ただ、■■の部分を▼▼の形で改善したら、もっとよくなるかもしれない。どうかな?」といった感じ。間違っても、先に否定から入ってはいけない。
・有用な情報・モノがあれば、身近で欲しそうにしている人に提供する。
例えば、あなたがネットを回遊していて「そういえば、この情報はあの人が前にTwitterで困ってると言ってた内容だな」と思ったら、そのリンクをすぐに送ってあげよう。お節介かもしれないが、それでいい。仮にそのリンクが役立たなくても、あなたがその人のために動いたという事実が残る。

まだまだあります。が、今回はこのくらいにしておきます。読者が実行できる分以上の情報があっても混乱すると思いますので。

とにかく、まずは他人に与えることです。めいっぱい貢献することです。すると、まるで周りからの扱いも変わってくるでしょう。貢献を続けた先には、途方もないリターンが待っています。

「けっ、人に良いことしても、全然報われないぜ......」と思っていても、実は意外とみられているものです。仮に見られていなくても、善行は尊く価値あることです。極論ですが、人は突然死にます。その時に「人を助けた人生だったな...」と振り返るか「人から奪いつくした人生だったな...」と思うか、これが究極の問いです。私は前者が良いと思います。たぶん、気持ちよく死ねそうですよね。

やっぱり、どう考えても、後味の悪い映画みたいな人生の幕引き、嫌ですよね。いつ死んでも「あの人はいい人でしたね~」と思われるくらい、周りに貢献したいものです。

というわけで、GIVERが得をする理由について解説しました。皆さんもGIVERになって大往生しましょう。

まとめ

この記事が面白いと感じていただけましたら
応援の意味を込めて「スキ!」してください
Twitterもやってるので、よろしくお願いします(*'▽')

\限定情報が山盛り🍟/
限定メルマガはこちら

\お金儲けのヒントが大量🐟/
お得なnoteマガジンはこちら

\未来の起業家を作る🦄/
完全無料の起業ラジオはこちら

\RTが止まらない🐣/
バズったツイートはこちら

お金で損したくない人は、必ずチェックして下さい!
拡散&イイネしてくれたら、金運アップするかもです🥳




起業ラジオ • A podcast on Anchor


となりの起業家🚀/経歴▶︎国立大卒業後に一部上場企業を経て起業/専門領域▶︎0→1.戦略.投資.経営.法律.マーケ....


anchor.fm




うりぼーの秘密の本棚|うりぼー|note


お買い得なまとめ買いが可能です。 うりぼーの有料noteが全部ほしい場合はコレを買ってください。


note.com


RECOMMEND

-お役立ち

© 2021 うりぼー Powered by AFFINGER5