中古ドメイン

【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します

今より売上アップさせるには何をしたらいいのか
1分で無料診断
しつこい営業はいたしません
  • STEP1
  • STEP2
必須 お問い合わせ内容

お問い合わせ内容をご記入してください。
必須 任意会社名

会社名をご記入してください。
必須 お名前

お名前をご記入してください。
必須 メールアドレス

メールアドレスをご記入してください。
必須 電話番号

電話番号をご記入してください。

うりぼー

フォローしたら必ず小金持ちに/経歴:中高主席(学費600万免除)→国立大(奨学金)⇒一部上場企業経営管理部および新規事業企画部⇒Webメディア売却⇒Webマーケ領域で独立/『米国株道場』運営/日本の夜明けを見に行こう https://linktr.ee/uribou_blog


中古ドメインを買いたい人
「サイト運営を始めるために、中古ドメインが気になっています。でも、中古ドメインってほんとに大丈夫なのかな。買う前にいろいろ知っておきたいので、中古ドメインのメリットとデメリットを徹底解説してください。」

 

この記事では、こんな疑問にお答えします。

【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します

中古ドメイン工房代表のうりぼーと申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインのメリット・デメリット」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。

「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。
>>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも中古ドメイン、新規ドメインとは?

この章では、中古ドメインと新規ドメインの定義を解説します。それでは、順に見ていきましょう。


・中古ドメインとは

中古ドメインは「過去に誰かに使われていたが、何らかの理由で手放されたドメイン」です。入手方法としては、中古ドメイン工房のような中古ドメイン業者から買うことになります。

ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。

ドメインとは: インターネット上の住所のこと

つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。
【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】

 

・新規ドメインとは

新規ドメインは「過去に使われたことのないドメイン」です。入手方法としては、バリュードメインのような新規ドメイン業者から買うことになります。

本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について

結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。

中古ドメインの使い方について解説します

結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。

中古ドメインはアフィリエイトやアドセンスで使えるのか

結論として、非常に効果的です。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。

・最速で効果が出る
・上位表示されやすい
・コアアップデートに強い
・ブラックSEO手法が使い放題

もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事では主にアフィリエイトについて述べていますが、アドセンスについても同じことが言えます。
【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由

 

中古ドメインのメリットとデメリットとは

この章では、中古ドメインのメリットとデメリットを解説します。

・中古ドメインのメリット

結論としては、下記のとおりです。

・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる
・Googleにインデックスされるスピードが速い
・ページランクの実績が引き継がれる
・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる

順に解説します。

・前所有者が取得してからの「運用歴(ドメインエイジ)」が引き継がれる

中古ドメインは、平均して3年から5年、長いものだと10年20年の運用歴を持っています。結果、Googleに長いドメインエイジを評価してもらえ、SEO的に良い効果を得られます。

・Googleにインデックスされるスピードが速い

中古ドメインは、新規ドメインよりも早くインデックスされます。それは、すでにドメインエイジがあるのでGoogle検索エンジンから認識されやすいからです。

・ページランクの実績が引き継がれる

中古ドメインはページランクを持っています。このランクは、サイトの中身が変わっても引き継がれます。ページランクが高いほどSEO的に恩恵を受けられます。

・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる

中古ドメインの最大の旨味である被リンクは、強力なSEO効果を生みます。被リンクの質が良く、数が多いほど、同じ記事を書いても上位表示されやすくなります。

・中古ドメインのデメリット

結論としては、下記のとおりです。

 

・新規ドメインより価格が高い
・低品質な被リンクも引き継がれてしまう
・低品質コンテンツの公開履歴が残る
・ペナルティが引き継がれてしまう
・オリジナルのURLが取得できない


順に解説します。

新規ドメインより価格が高い

中古ドメインは平均して3万円前後します。この金額は、新規ドメインの1000円程度という価格に比べてかなり高いです。

低品質な被リンクも引き継がれてしまう

中古ドメインのハズレを引いた場合、低品質なスパムリンクも引き継がれます。一応、GoogleSearchConsoleで否認できますが、勿論ない方が良いです。

低品質コンテンツの公開履歴が残る

運用歴の中で、低品質なコンテンツを運用していた場合、その過去は消せません。とはいえ、直接なにか影響があるわけではなく、イメージ的な問題です。

ペナルティが引き継がれてしまう

低品質なコンテンツやスパムを原因として、Googleからペナルティを受けるケースがあります。このペナルティを中古ドメインが食らっていた場合、引き継がれます。もし購入したドメインがペナルティを食らっていたら、交換か返金してもらいましょう。そのぐらい、ペナルティは致命傷なのです。

オリジナルのURLが取得できない

中古ドメインはすでに名前が決まっているので、自分の好きな名前で取得できません。新規ドメインなら、サービス名や会社名にあわせて名付けられます。とはいえ、ドメイン名でなにかが変わるわけでもないので、これはイメージ的な問題です。

 

新規ドメインのメリットとデメリットとは

この章では、新規ドメインのメリットとデメリットを解説します。

・新規ドメインのメリット

結論としては、下記のとおりです。

 

・中古ドメインより価格が安い
・今までの運用歴に左右されない


順に解説します。

・中古ドメインより価格が安い

新規ドメインは、だいたい1000円ほどで取得可能です。この点、中古ドメインは平均して3万円前後なので、新規ドメインのほうが安いのです。このような価格の差が出る理由は、新規ドメインにはSEO的な価値がほぼないからです。一方、中古ドメインには強力な被リンクがははじめから付いている場合があります。ここが、価格に差がある理由です。

・今までの運用歴に左右されない

新規ドメインは、過去に使われたことがないので、運用歴がありません。そのため、中古ドメインのハズレを引いたときのような、スパムや犯罪サイト運営歴のせいでGoogleに低評価されるリスクがゼロなのです。

 

 

・新規ドメインのデメリット

結論としては、下記のとおりです。

・「ドメインエイジ(運用歴)」がない
・Googleにインデックスされるスピードが遅い
・ページランクの実績がない
・被リンク(バックリンク資産)がない

順に解説します。

・「ドメインエイジ(運用歴)」がない

まず、新規ドメインには運用歴がありません。結果、Googleが認識している指標であるドメインエイジが最低評価になります。一般的に、ドメインエイジは長ければ長いほど高評価されやすいとされています。

 

・Googleにインデックスされるスピードが遅い

これは明確な欠点です。新規ドメインは記事を書いてアップしても、インデックスされるまで最短で3ヶ月ほどかかります。中古ドメインなら1日でインデックスされることもあるのに、です。インデックスが遅いと、それだけメディアの成長が遅れます。

・ページランクの実績がない

当然、新規ドメインにはページランクもありません。全てがゼロなのです。

・被リンク(バックリンク資産)がない

新規ドメインはまっさらな状態なので、被リンクもゼロです。結果、SEO的には何ら有利な部分がありません。

 

「当たり」の中古ドメインの見分け方とは

中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。

・ドメインパワーが高い
・被リンクの質が高い
・被リンクの数が多い
・ペナルティ履歴がない

ちなみに、中古ドメイン工房はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン工房をご活用ください。

中古ドメインの価格は何で決まるのか

結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。

・Majesticのスコアが基準値をクリアしている
・MOZのスコアが基準値をクリアしている
・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている
・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない

順に解説します。

Majesticのスコアが基準値をクリアしている

下記の指標をクリアしている必要があります。

TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度
CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度

MOZのスコアが基準値をクリアしている

下記の指標をクリアしている必要があります。

DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標
PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標
SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す

Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている

下記の指標をクリアしている必要があります。

UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー
DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量

アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない

下記の条件をクリアしている必要があります。

ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。

 

中古ドメインが上がらない!失敗例と対処法を解説します

中古ドメインを使っても、全く順位が上がらない、または不安定になることがあります。そんなときは下の対処法を行いましょう。

1.価値のある記事を大量に追加する
2.サイト全体を改善する
3.3ヶ月待ってみる

これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。

 

中古ドメインの買い方を解説します

結論として、下記の手順で進めればOKです。

1.販売業者のサイトにいく
2.希望の条件からドメインを探す
3.ドメインを購入する

もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。
【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します

おすすめの中古ドメイン販売業者を紹介します

結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。

もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。
中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します

まとめ

今回は「中古ドメインのメリット・デメリット」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか?

 

中古ドメイン工房の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。

    【必須】 会社名
    【必須】 お名前
    【必須】 メールアドレス
    【必須】 電話番号
    【必須】 お問合せ内容

    -中古ドメイン

    © 2022 うりぼーブログ Powered by AFFINGER5