お役立ち

ブランドで儲けよう

 

はいこんにちは、第5回企業ラジオやっていきたいと思いますこのラジオでは現役起業家であるウリ坊が皆さんに将来のお金ですね、経済的な成功、起業したりとか、副業したりとかファミリービジネスをしたりスモールビジネスをしたり、そういったビジネスをして裕福になるということに関して100%コミットしていく無料ラジオとなっておりますのでぜひ聞いてください今フォローしていただけると非常に嬉しいです。

0:34

はい。フォローありがとうございます。それではですね第5回企業ラジオやっていきたいと思うんですけれども、今回のテーマは結構重要でして、ブランドマーケティングについて解説をしたいと思います。ブランドマーケティングで何かっていうと、一言で言うとブランドを作る方法っていうことになります。

0:54

ブランドっていうのも何かって言われると多分すぐに答えられる人がいないと思うんですね。日本でブランドとは何かすぐに答えられる人は多分ですねほとんどいないと思います結論として言えるのは、ブランドっていうのは消費者の頭の中に浮かぶその商品、あるいは企業の情報の相対のことを指します。

1:16

相対というのは、このたくさんのですね例えばルイ・ヴィトンというふうに聞くと、ルイ・ヴィトンのマークが出てきて、ルイ・ヴィトンが扱っている商品が出てきて、ルイ・ヴィトンのブランドに関する様々なイメージの皆さんの中に湧くと思うんですよ。

1:32

こういったものをブランドっていうふうに言うんですね。例えばですね、ボルヴィックっていうふうに聞くとボルビックの水頭に浮かぶんですけどボルビックっていうブランドはこのように別にね、実態となって存在しているわけではないんですよ。

1:46

そうですよね。けれどもボルヴィックって名前を聞くとあなたの頭の中にボルビックってブランドが頭に思い浮かぶんですよ。次にコカ・コーラを考えてみましょうコカ・コーラって聞くと、あの赤いマークが出てきてシュワシュワとしたあの美味しいねコーラの味が出てきて、炭酸飲料が出てきて過激なCMが出てきてコカ・コーラの元値すっきりしますよねそういったイメージがぶわっと広がりますよね。

2:11

これがブランドなんですよね。言葉で説明することは簡単なんですね。ブランドマーケティング何かっていうふうに言うとおそらくぐっと出てくるので、でも今私が言ったようなこういうイメージをしっかりとまず掴んでくださいブランドっていうのはある企業とか商品に関して消費者の脳内に想起される。

2:30

事柄の相対のことをブランドというふうに言います。ブランドというのはもともとですね、夜勤を意味してた言葉らしいんですね。ここ話し出すと長くなるんで、割愛しますけど今回ねなぜそういうブランドの話をしてるかっていうとこれが結構ですね皆さんに役立つと思って話をしているんです。

2:49

うん。あのブランドマーケティングをすると何がいいかっていうとあなたは価格競争に参加せずに一方的にものすごく高い値段で商品を売ることができる、そして高い売上高い益率を確保することができるこういったことができるのがブランドマーケティングだけなんですよね実は。

3:11

多分ピンとこないですよねピンと来なくて大丈夫なんですよね。私以前ですねあのプロクター・アンド・ギャンブルっていう、これそっちは言ってなんだかちょっと恥ずかしいんですけれども、あの世界でブラウンブランドマーケティングが得意な会社っていうか、マーケティングをずっとやってきた会社さんのセンコーとかねインターンシップとかにも参加させていただいていて、それでですね勉強したんですよこのP&Gのですね選考に参加してよかったと思った理由って思ったことっていうのがこういったブランド周りとかマーケティングに関して自分で本をたくさん買って実際に勉強できたことなんですけどもその中で勉強したことをですね皆さんにどんどんあのね、企業秘密とかに触れない範囲で全部話していきたいと思っています。

3:56

それでですね、本職の人とかは基本的には外資系企業っていうのは企業秘密とか三越契約の書いてますのでそういうことはねオープンでない情報なんです、私が話してることが表に出て情報なのであの話してるって感じなんですけど。

4:13

すごくですねいい会社だなと思って。それね、ブランドマーケティング話なんですけど、あなたがね商品を売るときに価格競争というものに絶対にとらわれてはいけないんでしょう、価格競争に巻き込まれたらですねあなたは必ず貧乏になるんですこれまずね、正しく認識して欲しいんです。

4:30

うん。あなたねゲーム機買うときに、NintendoSwitch買えますよね、NintendoSwitch、NintendoSwitchは、山陽ますしますよね多分PlayStationとかも。普通に買うとPlayStation4とかですかね。

4:47

三、四万とかしますよね。うん。何故かって話なんですよね。それはブランドなんですよ。任天堂とかソニーってブランドだからそれだけの値段が取れるってことなんですよ。例えば掃除機買うときに、あるかわからないですけどパナソニックの掃除機だったら、3万4万取ってもいいような気がしますけれども、あんまり聞いたことないような、中国のメーカーを作っている掃除機に三、四万っていうふうに言われると中国製だったらもっと安くていいのに6000円ぐらいで買わせてほしいというふうに思いますよね。

5:20

そうなんですよここでブランド力が働いてるんですよ。あなたが商品を作って販売するときにはあなたのね顧客市場があなたの商品の価格を値決めるんです。これ恐ろしいんですよ、恐ろしい本当にあのね顧客がね決めるんですよ妥当な価格ってのは顧客が決めるんですこれをね、知っておいてほしいんですよ。

5:41

今ですねノートとかね有料のとかね私も面白いなと思いながらいろんな人のノートを買ったりとか自分でも打ったりしているんですけれども、このですね微妙な采配というかね微妙なさじ加減の値段の値設定で皆様のですね反応が変わったりとか利益が変わったりするのを見るのが本当に楽しいんですよね。

6:00

これ面白くてね例えば1000円よりも下だったらまず300円、次に500円、そして980円980円にする理由は、1000円だと高く感じるけれども980円だと安い感じがしますよね。980円の次1000円台になると、例えば1280円1480なくて、例えば1580円、次は1980円で、そっからいくと2000Aは一気に1980円みたいな感じで、皆さんの頭の中にはですね、固定されやすい価格が多分あるんですよ。

6:32

これちょっとですねマーケティング用語までわからないんですけど、おそらくアンカリングされてる価格があるこれはもう人間の脳の心理としか言いようがないんですけど、だからイチキュッパとかに行っけば30パーとかねクッパ好きですよね、20パーっていうふうに言われたらなんか300円よりね遥かに安く感じますけど2円しかかかりませんよね、こういったことがね大事なんですけれどもね、こういうふうに下方価格競争にあの巻き込まれるという価格を値決めるのはね、最後でいいんですよ。

6:57

うん。最後でいいんですあなたが、あなたが商品を作って売る最後に価格決めたらいいんですよ。それより大事なのはあなたが大事ですよ聞いてくださいね。あなたが高い商品、高い価格をつけたときに、市場をつまり顧客がそれを拒絶しない状況を事前に淡々と確実に再現性高く、作っておくことなんですよ。

7:21

もう一度言いますね。あなたがすべきことは、価格を決めたりね、小手先で価格を決めることではなくて、あなたが高い価格商品に設定しても、顧客や市場、お客様がそれを、なるほどふむふむ、この値段で買ってあげようと買ってもいいむしろ買いたいと思ってくれるような環境条件を事前に作ることなんですよ。

7:47

これがブランドマーケティングなんですよ。はい今日もですねすごい話を聞けましたねあと2分となってまいりますので、日本に話しますけど例えばね、卑近な例、いい例で言うと8ですね。あの人いますよねメンタリスト醍醐さんかなり稼がれているYouTuberさんですけども、あの人はブランドマーケティングがものすごく上手いから稼げたんですよ。

8:09

これをねみんなわかってないんですよ、メンタリスト醍醐がね商売がうまい、商売うまいんですけど、商売がうまいだけじゃない、それから賢いって言いますけど賢いだけじゃない賢くても稼げない人はたくさんいる東大の名誉教授とかいっぱいいますけど、メンタリストであれほど稼げてないじゃなぜメンタリスト大のあそこまで稼げるのか彼だけがあんなに稼げるのか理由は、彼はブランドマーケティングができるから、つまりメンタリスト醍醐は自分が物すごく賢くて優秀で、人々は自分の知識考えノウハウに対して月額いくらを払う価値があるような人間であるというようなブランドマーケティングをしているんです。

8:43

それをずっとしてるんです。例えば1位を守る例えばものすごく高速で話す今私がしているようにもっと早く話すことができますけどね私も本当はね。こういうふうに話し早くに話すことによって、早く話すイコール頭の回転があればイコール賢いというふうなブランドマーケティングができる、それから廃棄たくさんの書類をね、あの書物書籍を並べることができて、猫まで手で歩んですね賢い人というブランドを皆さんの方に刻み込むことでお金を取ってるんです。

9:11

素晴らしいですねということですねあと50秒ぐらいですけども、だからメンテリスト大骨まねして皆さんもどんどんねブランドマーケティングをしていきましょうということなんですよ。そういううまくいってる人の事をね、あの批判するのではなくて真似しましょうということですね。

9:25

だから、でねブランドマーケティングが必要だということであなたがもしもね靴を売るんだったら、それは高級物を売りなさいと。thepostかみたいにね、クロックスみたいな安いね、そういう靴を売ろうとしても、あれはものすごく巨大な資本お金がいるんです。

9:46

それぐらい安くするにはお金が要るんですこれをしてください商品を安くするにはあなたじゃ無理なんです。だから高い商品でもいいっていうふうなブランドマーケティングをしましょう。これはまだいずれね、ちょっと長くなるので解説します。

9:59

ウリ坊でした。ぜひフォローとたくさんいいねお願いいたします。ありがとうございました。

【無料です】起業ラジオをフォローしてみてください

フォローすると「限定情報」を聴くことができます。 「将来のお金の心配」を自動的に解決できますよ。 ながら作業や空き時間で「将来に投資」をしませんか。 フォローは下のバナーからお願いします。

RECOMMEND

-お役立ち

© 2021 うりぼー Powered by AFFINGER5